どいつもこいつも、オレも、評論家

これは自戒する意味でも書いている。

一億総評論家だ。
ネットでは、映画、本、食、、、と、誰でも採点して評価出来るような場がたくさんある。
ブログでは言いたい放題。

食に関しては特に酷いものだ。
美味い不味いの感覚は、人それぞれの味覚も違うし育った環境も違うので仕方が無い。
しかし、完全に間違ったコメントも多々ある。
素材や味付けなど、偉そうに書いている人に限って的外れだったりする。
そして何故か他と比較したがる。
いや~な感じがする。

もう一つ嫌いなこと。
すぐコストパフォーマンスだとか言う奴。
「これで2000円!?」って。
1000円ならまぁまぁ食べる価値があるけど?
恥ずかしい、読んでいて。
同じ商品でも、原材料によって、また作り手の技によって価格が違うのは当たり前。
金が惜しいのなら、文句言いながら食べたり買ったりしなくてよろしい。
安いものだけ食べてりゃいいじゃない。それがお似合いだ。(←それは言い過ぎだろ)
ちなみにオレは、美味しそうなものを注文する時に値段は見ない。(←ホントかなぁ?)

以前更新していたHPで、自分も随分書きたいことを書いてきた。
特に音楽と映画。
反省している。
これからも書くかもしれないが、考えて書く。。。ようにしたい。
正直に言うと、食の評価サイトで採点したこともある。
気にいった店のみで、低い点数になりそうな店はあえて触れなかったけれど。
でも食べ物に点数つけることの下品さに気づいてしまった。
もうやめる。

ブログやHPをなかなか更新が出来なかったのは、そんなことを考えていたからなのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック