リズムが歌う、フローラ・プリム&アイアート・モレイラ

画像
うわっ、もう3月か~!?
実は2月にもう一本ライヴを観に行っていたので、記録しておこうっと。

2月21日、友人と2人でブルーノート東京へ。
何だか雑用で疲れ&ストレスが溜まりまくりの最近なので、気分転換の期待も込めていそいそと。

本当はもう一人来るはずだった。
でも彼は遠くの温泉地へ急遽お出かけの予定が入ったらしい。
誰と?綺麗なオネエちゃんとか??こんにゃろめ。
それともストレス解消に音楽より温泉を選んだか?
ま、実際は仕事かも。ははは。カワイソ。

アイアート・モレイラは、チック・コリアのステージの時にパーカッションを叩いていた陽気なおじさん。
知ってる人にはかなりの大物みたいだ。
AOR好きな私にはちょっとジャンルが違うけれど、ブラジル音楽好きでもある私なのでちょこっと重なる部分もある。
モレイラは今回ドラムに専念していたが、それでも陽気なパワーは健在だった。
そして時には繊細に、風のように、日差しのように、自然なリズムを奏でていた。

フローラ・プリムはモレイラの奥さんで、サンバをボサノバっぽい声で歌う。
若い頃はもっともっと声量があって、高音もそれは見事なステージだった。。。と詳しいNが言っていた。
ブルーノートの解説を読んだら「6オクターブをカバーする歌唱力」とあった。
なるほど、昔は凄かったのだろうなぁ。。。
でも若い頃はおろか“フローラ・プリム初体験”の私には、ただただ渋く落ち着いたヴォーカルが心に染み入った。

パーカッション&ヴォーカルはクリシュナ・ブッカーという巨漢の青年で、一番汗だくになりながら熱演していた。
ヒップ・ホップもこなすこの人のおかげで若さプラスされた。
そのせいばかりじゃないけれど、チック・コリアが主役の時とはやはり音楽性が微妙に違う。
リズムが主役になる。ブラジル色が濃い。ヴォーカルで聴かせる。。。
その中でも、特にリズム・・・もちろんドラムやパーカッション、果ては手拍子で楽しんじゃおう♪というところはモレイラならでは。
はは、何だか私もモレイラ通になってきたぞ。

さて明日も仕事なので、日付けが変わる前にブルーノートを後にする。
骨董通りに吹く風は冬の冷たさからはほど遠く、今が2月とは思えない。
アイアート・モレイラが熱さを運んできたのかな♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Zoloft side effects.

    Excerpt: Zoloft. Zoloft side effects with alchohol. Zoloft guy. Zoloft levitra pe cure. Zoloft side effects. Weblog: Zoloft sideeffects. racked: 2008-12-17 21:27
  • Graphs of ritalin use.

    Excerpt: Ritalin 30 mg. Ritalin. Drug screening and ritalin. Ritalin sr. Ritalin picture. Pro and cons on rit.. Weblog: Legaly purchasing ritalin. racked: 2009-02-12 04:48